「醒麗ガーデンズ」の農業―エネルギー農―は、野菜をモノとして“作る”のではなく 野菜を『命あるもの』として“育てる”農業です。

そこでは土地に棲む精霊との綿密なやりとりを通して 野菜そのものと、土地との対話を大切にしています。

人のために土地を変えようとするのではなく、 土地のために人が合わせすぎるのでもない。

対等に、けれど必要なものを与え合いともに豊かになっていける
それが醒麗ガーデンズの『エネルギー農法』です。

エネルギー農法のはじまり
beginning of Energy-nouhou

縄文時代は、人々の霊性(人格・精神性)が非常に高かった時代とされています。
それは人々が波動の高い場所で育った、自生した植物を採取し食していたからだそうです。

しかし弥生時代に移行し、農耕と人のエゴが結びつき人に自然を従わせる形で食物を生産するようになってから、
食物のエネルギーは落ち、人々の霊性は低下していくことになったようです。

そこで、より「自生」に近い状態をつくり、精霊を通して地球と対話しながら農作業を行うことで
「自然に人間が従う」かたちで作物を育てることができれば……
さらには、自然と人が協力し合って作物を育てることができれば、縄文時代にあったであろう
自生の植物に劣らないくらいに野菜のエネルギーを高めることができ、
人々の霊性を高めるのをサポートできるのではないかと考えました。

食べ物を変えることで、人と自然の「真の共生」の実現に貢献したい。
そう考えて、この農法を始めました。